たんぽぽ茶で母乳育児

女性

私がたんぽぽ茶を飲んだきっかけは、子供を母乳で育てたいと思ったからです。出産した産婦人科で母親学級を受講して、ミルクよりお金がかからない、痩せるなどのメリットを聞いたからでした。そんなとき、育児雑誌でたんぽぽ茶のことを知ったんです。

 

ノンカフェインで、母乳の出が良くなるとのこと。出産した産婦人科は母乳推進ではあるものの完全母乳ではなく、出が悪いときはミルクを足してくれます。私は帝王切開での出産だったので母乳の出が遅くなる傾向にあるとのことでした。退院して自宅に帰ってから、たんぽぽ茶を飲み始めました。ホットとアイス、両方飲めますが、季節は冬だったのでホットで飲むことにしました。

 

少し苦味がありますが、香ばしく私は好きな味です。私はコーヒーが大好きで1日3回くらい飲んでいましたが、それをたんぽぽ茶に変えました。妊娠して悪阻が始まってからコーヒーを飲む回数が減っていたので、あまり辛くありませんでした。飲み始めてしばらくすると、胸がパンパンに張っていることに気がつきました。病院で教わったマッサージしてみるとビューと勢いよく母乳が出てきたのです。

 

あまりにも出てくるので最初はテッシュに絞り出して圧抜きをしないと赤ちゃんがむせてしまうほどでした。それでも余ってしまう分はそのままにしておくとシコリができてしまうので洗面器に絞って捨てました。勿体ないけと仕方ありません。最初はどんどん母乳が作られていきましたが、そのうち赤ちゃんと母乳のペースがあってきて飲むと出てくる、いわゆる差し乳になりました。

 

赤ちゃんが吸うと胸がツンと痛くなって母乳が出ていくのが分かります。出産前に母乳育児をネットで調べたとき、あるサイトで差し乳のことは書いてありましたが、飲むと出てくるなんて、こんなこと本当にあるの?とあまり信用していませんでした。ですが自分が本当にそうなってビックリしました。たんぽぽ茶を飲んだおかげだと思っています。

 

その後タンポポコーヒーというのがあると知り、そちらも飲んでみました。たんぽぽ茶は茎や葉も含まれているのに対し、タンポポコーヒーは根っこのみで作られるため味が濃いそうです。こちらはミルクを入れて飲むと飲みやすかったです。

母が買ってきた杜中茶!飲んだらやみつきに…(女性/30代)

女性

母の勧めで以前買ってきていたのでずっと杜中茶というお茶を飲んでいました。昔話題になって人気があったようですが、色は黒っぽい色で、少し苦みがあるところが特徴のお茶です。普段私はそれまでウーロン茶をよく飲んでいたので、ウーロンのあの苦みに比べれば全く気にならない苦さのお茶でした。

 

少し薬っぽい雰囲気はありますが、お茶ですし、気にならなければ大丈夫です。私は普段からお茶にはちょっと苦みがあるほうがどちらかといえば好きなほうなので、杜中茶の苦さは気になりません。むしろあの苦みが健康に良いような気がしていました。母いわく、健康にもよくて内臓脂肪を分解してくれるから脂肪がつきにくいよとのことでした。

 

毎日ダイエットしなくても、お茶を変えるだけで健康に脂肪がつきにくいというのは本当にいいなと思って、信じて飲んでいました。確かにこれを飲んでいるときは、ダイエットのダの字もないほど気にならずにすごせました。自然に家で飲む定番のお茶に切り替わっていたので、家族全員が飲んでいました。家族全員文句をいう人は一人もいず、自然に切り替えができていました。

 

母はちゃんとお茶の葉はいつもパックで煮立たせて作っていたので、一度煮立たせたやかんのお茶をボトルに入れなおし、それを冷やして飲むようにしていました。このお茶は熱いまま飲んでもおいしいけど、香りと苦みが少しきつくなるように感じます。ですから、冷やしてから飲むほうが飲みやすくておいしかったです。

 

飲み方のコツとしては、食事の前にコップいっぱいを飲むようにすると、余計な脂肪がつきにくくなるそうです。そして、量も一日1リットルくらい飲むと良いそうなんですが、そこまでは飲めないので、無理して飲まずにいました。飲めば飲むほど利尿作用があるので、結構トイレにいったようにも思います。夏の暑い日に自然にたくさんのめれば良いほうでした。

 

総合的に見て、健康にも美容にも良いので、杜中茶を試してみるのをおすすめします。苦い系のお茶が苦手でない方はすんなり試すことができると思います。

確かにこうばしいけれども

女性

私が飲んだことがあるのはたんぽぽ茶です。たんぽぽコーヒーとも呼ばれていてノンカフェイン。授乳中の人でも飲めるというのがうりのようでした。不眠になり、大好きなコーヒーを控える代わりに…と飲み始めたのですが、コーヒーっぽさは感じられませんでした。

 

確かにこうばしくておいしいのですが、ほうじ茶とか麦茶に近い味に感じられました。コーヒーの風味を期待するとがっかりするかもしれません。ひょっとしたらもっと濃く煮だせばコーヒーっぽい苦みが出たのかもしれませんが。はちみつやミルクを入れるのもおすすめだそうですが、私の口にはあいませんでした。麦茶にポーションミルクを入れたような、とにかく複雑な味です。ストレートで飲むのが一番だと思います。

 

たんぽぽ茶の効能はおおまかに@利尿効果、A疲労回復、B冷え性改善、Cコレステロール値を下げる、D不妊改善、E新陳代謝アップだそうです。コレステロール値の高い母もしばらく一緒に続けたのですが、目に見えるような結果はでなかったようです。ちょっと下がったかなくらい。その月の食事にもよるし、あまり期待しないほうが良いかも。

 

ただ利尿効果は高いと思います。夕食の後に飲んでいたら夜頻繁に起きる羽目になりました。それを考えると昼間に飲むのがいいのかなと思います。むくみに悩んでいる人には良いでしょう。新陳代謝に関しては分かりません。新陳代謝アップを期待するのなら、しょうが紅茶のほうがおすすめです。こちらは冬に愛飲していますが、ほかほかと温まるし汗も出てきて効果が感じられます

 

飲み始めたのは春先で、おいしいし、冷え性改善を期待して冬まで継続するつもりだったのですが「血圧を下げるので、低血圧の人には向かない」というネットの一文を読んでやめました。健康茶に関する本やネットのサイトだと良い効能ばかりが目につきますが、気を付けないと逆に体調を損ねかねない面もあるなと感じました。