面接を克服することで医師転職が成功する

医師に限らず職業の転職を行う上では面接が重要なポイントとなります。

 

面接は採用担当者と向き合う形式が多い為、その採用担当官にうまく伝えることができれば転職に成功することが多いです。

 

ただ採用担当官の一番、聞きたい事は応募される動機です。

 

この応募の動機の強さが今後の働く上でのモチベーションの維持にも繋がるとみなされます。

 

特に専門職である医師の場合は、動機が決め手になるのです。

 

確かな動機があり、人当たりが良く感じが良ければ採用される確率もアップすることでしょう。

 

医師は元々、どこかの病院などで働いており、実績を残されている方が多いです。

 

つまりわざわざ医師転職をするのは待遇面などに何か不満があったのか、人間関係などのトラブルが合ったのかなどきっかけがあると判断するのが当然かもしれません。

 

そのため、そういった不満があって転職するのか、もっとチャレンジ精神を持って転職するのかどちらかを判断したいというのが採用担当者の本音です。

 

なお現在は、患者目線に立った診察を行う医師が求められています。

 

つまり患者さんとのコミュニケーション能力が優れている医師が求められているのです。

 

例えば、研究室にこもって専門分野しか追求しない医師やまともに患者さんの応対が出来ない医師は不要になっています。

 

つまり、医師は専門分野にも精通しながら現場目線や患者目線で対応できる人材が求められているのです。

 

最近はインフォームドコンセントが重要視されており、そういった説明を上手くこなされる医師は貴重となっています。

 

医師転職の成功の鍵もコミュニケーションの能力が優れた人材かどうかが必須で、実績などよりもそれが解る面接を重視しているのです。

 

そのため、面接克服が成功の鍵を握ると言っても過言ではありません。